電気焼却式トイレ「インシノレット」は、下水道も浄化槽もいらない電源さえあれば幅広い環境で利用できるエコトイレです。

TOPページ
製品紹介
インシノレットの紹介
構造と特色
使用方法
動作の仕組み
取付方法
仕様と価格

実績・メンテナンス
メンテナンス
導入実績
Q & A
困った時には・・・
カタログダウンロード

問い合わせ
問い合わせ〜取付までの流れ
製品に関する問い合わせ
レンタルに関する問い合わせ
ビジネスパートナーに関する問い合わせ
その他の問い合わせ
プライバシーポリシー

会社案内
会社案内
会社沿革
サイトマップ

仮設トイレ


仮設トイレ

仮設トイレ

昭和14年12月、新潟県柏崎市で4人の次男として生まれる。
昭和33年県立柏崎高等学校卒、
昭和38年早稲田大学理工学部応用物理学科卒
(卒論:固体、気体界面の構造研究:X線マイクロAN、電子顕微鏡、)
同年、三井化学株式会社大牟田研究室勤務:分散安定性の研究:
固体と液体(水:溶媒)ゼータポテンシャル等、この間工場の生産品である化学品、
染料、農薬等の文献、特許許可、機器分析方法の調査に動因される。
昭和43年以降プラスチックの発泡製品(PR自社製品)製造の
実用化・製品化研究:同54年本社で市場開発。
発泡樹脂加工品の市場開発と用途開発。
同62年株式会社ディラック設立。

仮設トイレ

1987年 滝沢 允が設立。
樹脂加工品の用途開発や運輸省外郭の財団、物流の手伝いなどをやり、元米国大使館
勤務の湯上(現在:渋沢)良之助氏や稲葉昭泰氏(千代田企画株式会社 社長)と
海外先端製品や技術の情報交換・意見交換に努める。

1987年秋 INCINOLETの日本及び東南アジアの独占販売権を取得
稲葉昭泰氏からの紹介で米国メーカーと交渉。
三星産業がスポンサーとなり、300台の購入・販売から開始。

設立5年目 売上げ 2億円越え。
販売パートナーは旭機装(現、郵船商事)、ディラックは日本のニーズに適した製品開発に務める。
建設ラッシュの中売上げは年々倍増する。

2007年〜現在
エンドユーザーの声を聞き改良を重ねた現在、
商品の安定性・効率性を2002年の改善提案に加え、飛躍的に向上させている。
多機種の適用も対応。


サイトマップ




Copyright © 2007 Dirac Inc. All Rights Reserved.